Broken Windows Practice

 

 

「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないというサインになり、まもなく他の窓も壊されてしまう。心理的抵抗が薄れることから他の犯罪が増え、犯罪が連鎖して最終的には強盗や放火といった凶悪犯罪にまで繋がる」
ブロークン・ウィンドー・セオリー

私は街頭において、アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが提唱したこの理論の実践・記録を試みました。
1.人が集まる場所にゴミを置く
2.ゴミの周囲を一定時間毎に撮影する
3.撮れた画像を時系列に並べる

「みんな捨ててるのだから私もいいだろう」という心理が集まったゴミによって可視化されることになり、セオリーが正しいことが実証されました。
このプロジェクトはeco japan cup 2014 エコアート部門にて、入賞を頂きました。
http://www.eco-japan-cup.com/report/pdf/2014_j.pdf

“If a window is broken and left unrepaired, people will conclude that no one cares.
The tendency is for vandals to break a few more windows. Eventually, they may even break into the building and perhaps become squatters or light fires inside.”
Broken windows theory

I practiced this theory which was proposed by George L. Kelling.
1.Put an empty can on the somewhere busy street.
2.Take a picture of it every twenty minutes.
3.Place the pictures in order.

There’s no reason to feel guilty about doing something if everyone does it. Pile of garbage visualized this unconscious mind and showed that the theory works.

HOME