都市をたずねる 32 – スーツケースを転がしながら国会まで歩く


TOMO都市美術館の土曜の恒例企画「都市をたずねる」。5月7日(土)は、『スーツケースを転がしながら国会まで歩く』をやってみます。
コンクリートやタイルの上でスーツケースを転がしたときに響く音がマシンガンの音に聞こえたことがきっかけでこの企画を考えました。都市のなかでこの禍々しい音が複数重なり響いたときに、いつもの都市はどのように見えるでしょうか。特に変わらないかもしれないし、ちょっとだけ非日常が現れるのかもしれません。スーツケースの中には、自分が家から逃げなければいけない状況になったときに持ちだすものを入れてきてください。現在の情勢や、日々のことについてお話ししながら歩ければ幸いです。

※イベントは撮影をし、後にトモトシの映像作品として発表する可能性があります。ご了承のうえご参加ください。

──

都市をたずねる 32 『スーツケースを転がしながら国会まで歩く』
– 幹事:トモトシ
日時:2022年5月7日(土)17:00 –
解散:19時すぎを予定。希望者いれば軽く乾杯しましょう。
当日連絡先:080-3057-9642(トモトシ)
スペシャルスポンサー:小林タカツグ

──

撮影:小林タカツグ


──

二人旅となりましたが、スーツケースをゴロゴロ転がしながらの東京横断とても楽しかったです。都市生活において音はコントロールされる対象だと思います。今日はどうしようもなく音を発してしまう状況だったわけですが、音をきっかけに他の人とコミュニケーションが発生したりして意外に楽しめました!今度は100人くらいでやってみたい! (トモトシ)

──



TOMO都市美術館