CV

トモトシ 
インディペンデントアーティスト

1983  山口県生まれ
現在東京を拠点に活動

学歴
2006 国立大学法人豊橋技術科学大学卒(建築意匠)
2016 ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校修了
2019
イメージフォーラム映像研究所修了
2019- RAM Association: Research for Arts and Media-project

職歴
2007 株式会社ZAI(建築設計業務)

2009- 株式会社ジオクリエイツ(非常勤・コンセプトデザイン業務)

受賞歴
2014「北九州デジタルクリエーターコンテスト2014」入選
2019「イメージフォーラム・フェスティバル2019」観客賞
2019
「WIRED CREATIVE HACK AWARD 2019」準グランプリ
2020「デイリーポータルZ 新人賞2020」優秀賞

個展
2014「わたしをもっと見て」 gallery SPACEKIDS(東京)
2018「tttv」中央本線画廊(東京) ※キュレーター 秋山佑太
2019「美しくあいまいな日本の私たち」目黒rusu(東京)
2019「キレてないですよ!」阿佐ヶ谷ロフトBARホール(東京)
2019「有酸素ナンパ」埼玉県立近代美術館アーティスト・プロジェクト#2.04
(さいたま) ※キュレーター 佐原しおり
2020「ヘルニア都市」
トモ都市美術館(東京) ※
キュレーター 西田編集長
2021「ミッシング・サン(芸術競技2021)」TOH(東京) ※キュレーター 吉田山
2022「Romantic Bomb」TAV GALLERY(東京) ※キュレーター 佐藤栄祐
2023「絶望的遅延計画」
TAV GALLERY(東京) ※キュレーター 佐藤栄祐

フェスティバル
2019「あいちトリエンナーレ2019」
(豊田) ※ディレクター 津田大介、キュレーター 石川達紘
2021「水の波紋展2021」ワタリウム美術館 オン・サンデーズ他(東京) ※ディレクター 和多利恵津子、和多利浩一
2021「黄金町バザール2021(横浜) ※キュレーター 小林麻衣子
2021「Stilllive: Performance Art Summit Tokyo 2021-2022」ゲーテ・インスティトゥート(東京) ※ディレクター 小林勇輝、キュレーター 西田編集長
2022「Stilllive Performance Art Summit Tokyo 2022」ゲーテ・インスティトゥート(東京) ※ディレクター 小林勇輝、キュレーター 権祥海
2022 「六甲ミーツ・アート2022」
ディレクター 高見澤清隆
2022 「HAM2022 : わたしより大きなりんかくがみえる」(つくば市街)ディレクター 阿部七海
2022  パフォーマンスクルージング「螺旋の川」墨田川、神田川、日本橋川他(東京) ※主催 一般社団法人Token

スクリーニング
2019「イメージフォーラム・フェスティバル2019」(東京、名古屋、京都)
2019「東京ドキュメンタリー映画祭2019」新宿K’s cinema(東京)
2019「タイ短編映画祭」(バンコク)
2020「ULTRA VIEWING vol. 2 トモトシ」無人島プロダクション(東京) ※キュレーター 藤城里香
2020「東京ドキュメンタリー映画祭2020」新宿K’s cinema(東京)
2021「モスクワ国際実験映画祭2021」The Garage Screen(モスクワ)
2021「ソウル実験映画祭2021」indiespace(ソウル)

グループ展(抜粋)
2016  新芸術校 第1期成果展「先制第一撃」ゲンロンカフェ
(東京)
2016「あ
なたではない展」Gallery FREAKOUT(東京)
2017「#遠距離恋愛」野方の空白(東京)
2018「SITE NON-SITE」Instituto Departamental de Bellas Artes(ボゴダ)
2019「むびぐみX」金沢アートグミ(金沢)
2020「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2020」京都新聞ビル(京都)
2020「カモフラージュゼロ」関内文庫(横浜)
キュレーター 伊藤啓太
2021「RAM PRACTICE 2021」東京藝術大学 横浜校地 元町中華街校舎(横浜)
2021「MOMASコレクション」埼玉県立近代美術館(さいたま)
2021「4面鏡 / Quad Mirror」PARCEL(東京)
キュレーター 石毛健太

レクチャー(抜粋)
2021 イメージフォーラム映像研究所 ゲスト講師
2021 日本映画大学
ゲスト講師

パブリックコレクション
埼玉県立近代美術館

メディア掲載(抜粋)
2018 ケトルvol.44(2018年8月号) 「桜井圭介はトモトシ個展『tttv』を観て少しだけ息がしやすくなる」
2019 ハフィントンポスト 澤木香織「あいちトリエンナーレの展示を回って感じたこと」
2019 Art Collectors’ 2019年2月号 秋山佑太「ギャラリーを偽装する~中央本線画廊事件簿~」
2019 ウェブ版美術手帖「藤田直哉評 トモトシ『有酸素ナンパ』」
2020 サイゾー2020年3月号「シニカルに社会を斬る美術作家」
2020 デイリーポータルZ新人賞2020「フォトボマートモトシ」
2020 Art Collectors’ 2020年11月号「宮津大輔が選ぶ New Media Art」
2021 BRUTUS 2021年4月号「若手アーティストが美術館造ってみた。」
2021 Art Collectors’ 2021年7月号 五野井郁夫「都市を宙吊りにする白い布」
2021 Viktor Belozerov
“tomotosi. We have to be more beautiful”
2022 Art Collectors’ 2022年8月号 南島興「それでも恋愛はつづくよ。」

 

ステートメント
ぼくは都市計画や建築設計に長年携わった経験から、「既存の都市や建築に合わせて人間の活動が発生するだけでなく、人間の新しい活動のために都市や建築は常にメンテナンスされるべき」という考えに至りました。ただ、都市や建築は簡単に改変できないことも事実です。そこでぼくは、便宜的に、都市の人間の振る舞いに介入するという手段をとっています。ぼくのアクションによって、都市空間や公共ルールに歪みが生まれ、人の動きが変容することを目指します。その結果として、都市の新しい使い方が提案できることこそが、都市のメンテナンスにつながると考えているのです。提案の媒体はビデオです。ぼくのアクション(都市の新しい使い方)が人々に受け入れられた証拠として、ビデオが機能することを期待しています。

tomotosi
An Independent Artist
Born 1983 in Yamaguchi, Japan
Based in Tokyo

Educational Background
2019- RAM Association: Research for Arts and Media-project

2019 Image Forum Institute of the Moving Image
2016 Genron Chaos*Lounge New Art School, Tokyo, Japan
2007 B.Arch. Toyohashi University of Technology, Toyohashi, Japan 

Work Experiences
2009- Geocreates, Inc., Conceptual Designer
2007-2009 ZAI, Inc., Architectural Designer

Awards
2020 “DailyPortalZ the Rookie of the Year award 2020″ Second prize
2019 “WIRED CREATIVE HACK AWARD 2019” Second prize
2019 “Image Forum Festival 2019” Audience award
2014 “Kitakyushu Digital Creator Contest 2014” Selected

Solo Exhibitions
2023 “Desperate Delay Plan” TAV GALLERY, Tokyo
2022 Romantic Bomb TAV GALLERY, Tokyo
2021 “The Missing Sun” TOH, Tokyo
2020 “Hernia City” tomotosi Museum of Contemporary City, Tokyo
2019 “Aerobic Nampa” The Museum of Modern Art, Saitama *Curator: SAHARA Shiori
2019 “I don’t lose my temper yet.” Asagaya / Loft A bar space, Tokyo
2019 “Japan, the Beautiful or Ambiguous, and Ourselves” Meguro rusu, Tokyo
2018 “tttv” chuohonsengarou, Tokyo
2014 “Look at me closer” Gallery SPACEKIDS, Tokyo

Festivals
2022 “Spiral River” Sumida river, Kanda river, Nihonbashi river, Tokyo
2022 “HIra 2022”, City of Tsukuba, Ibaraki
2022
ROKKO MEETS ART 2022” Rokko Mountain, Kobe
2022 “Stilllive Performance Art Summit Tokyo 2022” Goethe-Institut, Tokyo
2021 “Stilllive: Performance Art Summit Tokyo 2021-2022” Goethe-Institut, Tokyo
2021 “Koganecho Bazaar 2021” Koganecho, Yokohama
2021 “Ripples of Water, Watari-um, The Watari Museum of Contemporary Art, Tokyo
2019 “Aichi Triennale 2019” City of Toyota

Screenings
2021 Experimental Film & Video Festival in Seoul indiespace, Seoul
2021
Moscow International Experimental Film Festival The Garage Screen, Moscow
2020
Tokyo Documentary Film Festival 2020 K’s cinema, Tokyo
2020
ULTRA VIEWING vol. 2 tomotosi MUJIN-TO production, Tokyo
2019 
Thai Short Film & Video Festival Bangkok, Thailand
2019
Tokyo Documentary Film Festival 2019 K’s cinema, Tokyo
2019
Image Forum Festival 2019 Tokyo, Nagoya and Kyoto

Selected Group Exhibitions
2021
4面鏡 / Quad Mirror PARCEL, Tokyo
2021
MOMAS collection The Museum of Modern Art, Saitama
2021
RAM PRACTICE 2021 Tokyo University of the Arts Yokohama
2020
Camouflage Zero Kannaibunko, Yokohama
2020
ARTISTS’ FAIR KYOTO 2020 KYOTO SHIMBUN BLDG., Kyoto
2019
movie gummi X ART GUMMI GALLERY, Kanazawa
2018
SITE NON-SITE Instituto Departamental de Bellas Artes, Cali, Colombia
2017
#long-distance relationship nogata-no-kuhaku, Tokyo
2016
This is not you Gallery FREAKOUT, Tokyo
2016
A first preemptive attack genron cafe, Tokyo

Teaching
2021 Guest lecturer for Image Forum Institute of the Moving Image
2021
Guest lecturer for Japan Institute of the Moving Image

Public collection
The Museum of Modern Art, Saitama

Press (in English)
2021 Viktor Belozerov “tomotosi. We have to be more beautiful”
2019 Tokyo Art Beat “Questioning and Connecting: Aichi Triennale Artist Interviews”
2017
designboom “tomotosi documents the phenomenon of mass-producing image data”

Statement
tomotosi’s long experience in urban planning and architectural design has led him to the idea that “human activities should not only occur in accordance with existing cities and architecture, but that cities and architecture should be constantly maintained to accommodate new human activities. However, it is also true that cities and architecture cannot be easily altered. Therefore, he have taken the expedient measure of intervening in human behavior in cities. He aims to create distortions in urban space and public rules through his actions, and to transform the way people move. As a result, he believe that the ability to propose new ways of using the city will lead to the maintenance of the city. The medium of proposal is video. He hopes that the video will serve as evidence that his actions (new ways of using the city) have been accepted by people.

 

@AKKPINK

HOME