Unfocused Modern

「ハイ、チーズ!」に合わせて肩を寄せ、笑顔をつくる。   家族写真はいつも、キマっている。換言すれば、家族写真はいつも“近代”的だと思う。※1
多様な(雑多ですらある)キャラクターをもつ個々人が、瞬間的に特定のフレームに納まり、それが記録として残る、うがった見方ではあるが。  そして後になって画像を振り返り、「私たちの営為が “ 近代 ” の範疇であった」ことが確認される。  歴史は常に “ 近代 ” 性を帯びてしまうのだ。
今制作においては、「ハイ、チーズ!」の前後の(これまで切り捨てられてきた)表情や仕草までをも等価に記録することを試みる。 「ハイ、チーズ!」が“ 近代 ”のピークだとすれば、その前後の時間には山なりに “ 近代 ” 性が薄れていく過程のようなものが見てとれるかもしれない。
以上のように、 “ 近代 ” の濃淡のグラデーションを表すことが今制作の目論見のひとつであった。 そしてこれは現代における(美術)表現が、どうしようもなく “ 近代 ” に包摂されるという問題への回答でもある。※2
“ 近代 ” を対象化することが不可能だとしたら、まず “ 近代 ” を注視し、その毛並みを把捉することから始めなければならないだろう。

※1  文章であっても映像であっても、記録するメディアは基本的に同じ性質をもつ。 “ 近代 ” を乗り越えようとすること自体が “ 近代 ” の枠組みの内側の行為である、といった問題。
※2   “ 近代 ” を乗り越えようとすること自体が “ 近代 ” のフレームの内側の行為である、という問題。

You say ‘cheese!’ with standing in a row and making a smile.  Family pictures always have properly.  In other words, family pictures are always “modern”.
Individuals with diverse (even miscellaneous) characters momentarily fit in a specific frame and remain as records.  Later on, we look back on the image of us and confirm that our business was in the category of “modern”.  So history always gets modernity.

In this production, I try to record the expressions and gestures before and after “cheese!”
(which have been truncated so far) equivalently.  If ‘cheese!’ is the peak of “modern”, this movie shows something like the process of modernity descending from the mountain.

As described above, representing the gradation of the “modern” shade is one of the goals.

And this is my answer to the problem that contemporary art expression is undoubtedly subsumed in “modern”.

HOME