THE NEVERENDING CEREMONY


死ぬために訪れる町バラナシ
ヒンドゥーの信仰によれば、ガンガー(ガンジス川)の聖なる水で沐浴すれば、すべての罪は浄められ、 ここで死に、遺灰がガンガーに流されれば、輪廻からの解脱を得るという。これはヒンドゥー教徒にとって最高の幸福といえる。 この町(バラナシ)に年間100万人を越える巡礼が訪れ、そのなかにはここで死ぬことを目的にしている人さえいるのもこのためだ。(以上「地球の歩き方」のもろパクリ)
アーティストの成仏≒作品
もし今日死ぬとしても、僕は到底成仏できない。 アーティストとか名乗っていながら何も残せていない、この巨大な未練のためだ。いつか納得いく作品を作れたら、そのとき僕は成仏できる心構えを得るはず。僕にとって作品を作れることは、成仏できることとほとんど同意なのだ。
観光客としての成仏
僕はバラナシ中に点在するマンディール(ヒンドゥー教の寺院)を見つけるたびお祈りした。現地で買った麻のパンツ、スカーフ、数珠とビンディ(額の模様)を身にまとい、その姿をカメラで記録した。観光客としての僕は、現地人を装い、とにかく成仏を目指した。
〝THE NEVERENDING CEREMONY”
この映像は「成仏できないことで作品ができる」という構造になっている。 思い返してみると、いろいろな形で僕の成仏は妨げられた。 上に書いたようにアーティストの僕としては、作品ができれば成仏できる。 しかしここでは、逆説的だが、作品ができるということは成仏できないということなのである。

THE NEVERENDING CEREMONY_b
THE NEVERENDING CEREMONY_c
THE NEVERENDING CEREMONY_d
THE NEVERENDING CEREMONY_f

HOME