美しい日本の私たち

本作では、都市で作家本人があるキャラクターを演じる。彼のメッセージは、「東京オリンピック開催まであとわずか」
「オリンピックには多くの外国人が訪れる」
「だから私たちはもっと美しくならなければならない」
無精ひげ面の彼の胸にはオリンピックのロゴがあり、彼の話す言語は英語である。コンテクストが混在した状況で、彼は次第に理不尽な要求をし始める。一連のパフォーマンスに対する、通勤に忙しい人々の反応の記録。
ハイレッドセンター、クリストフ・シュリンゲージ―フへのオマージュ作品でもある。

HOME