私をもっと見て / Look At Me Closer

%e6%b5%85%e8%8d%89_%e9%9b%b7%e9%96%80_sony

これは「撮影者を被写体目線で撮り返す」ことによって制作されています。
演者と観客が反転した結果、カメラを構えている一般の人たちが主役となっています。 彼らは何を撮ろうとしているのか、仕草や表情を見ていると想像が掻き立てられます。
現代社会において、ある対象へのイメージは、カメラがその対象に向けられた瞬間にできあがります。 そこで撮られた画像が瞬時にネットに上がり、不特定多数の人の目に届くからです。
被写体である雷門やシンデレラ城などは、メディア上に画像が氾濫し、既にイメージが巨大なパワーをもっていると言えます。
イメージが生産される瞬間に自覚的になることは、ステレオタイプ化しつつあるイメージを相対化する契機となりえるかもしれません。

被写体(画像上から)
画像1: 雷門(浅草寺)
画像2: シンデレラ城(ディズニーランド)
画像3: 大銀杏(神宮外苑)
画像4: 竹下通り(原宿)
画像5: コスプレイヤー(コミックマーケット85)
画像6: サンタマリアデルフィオーレ(イタリア、フィレンツェ)
画像7: パンテオン(ローマ、イタリア)
画像8:サン・ピエトロ大聖堂(バチカン)
画像9:トレヴィの泉(ローマ、イタリア)
画像10:サンマルコ寺院(ヴェネツィア、イタリア)

※この案は北九州デジタルクリエーターコンテスト2014で入選を頂きました。
※この案はdesignboomで掲載頂きました。

On a daily basis we carry a camera with us, take photos and upload them to the internet, and this mass of image data has the potential to take off on its own.
I question the influence of mass proliferating images and our sense of vision by attempting to capture the image of the photographer from the perspective of the subject, indicating a moment of image reproduction as well as a final chance at reevaluating an over stereotyped motif.

The subject for photography
image1: Kaminarimon, part of the Senso-ji Temple —- one of the Tokyo’s most popular sightseeing spot.
image2: Cinderella Castle in Tokyo Disneyland. so many Disney lovers!
image3: Takeshita-dori, the main street of Harajuku where is the center of young culture.
image4: Jingu Gaien. it has 300-meter avenue lined with beautiful ginkgo tree.
image5: Cosplayers who are sitting on the ground in the comic market ?- the world’s largest handmade comic book fair.
image6: Florence Cathedral in Florence
image7: Pantheon in Rome
image8: Basilica of St.Peter in the Vatican
image9: Trevi Fountain in Rome
image10: Basilica of St.Mark in Venice

This was reported by designboom.

 

disniesffes





 

 

HOME