明日を見た未来の神話 / Myth of Tomorrow sees I Saw the Future

交差点の真ん中に停まっている絵は岡本太郎作「未来を見た」である。
信号が変わると同時に数えきれない人が「未来を見た」へ向かって歩いてくる。
横断者には「未来を見た」は見えてはいない。

スクランブル交差点の向かいには、岡本太郎の同時期の作品「明日の神話」がある。
「明日の神話」は2003年に発見されるまでの30年以上、誰からも見られることはなかった。
現在「明日の神話」は、世界有数の見られている絵となっている。

The picture stuck at the center of the Shibuya crossing is “I Saw the Future” by Taro Okamoto.
People gather around “I Saw the Future” when the traffic light turns green.
But they don’t see “I Saw the Future”.

Okamoto’s wall painting “Myth of Tomorrow” is installed at Shibuya station across the crossing.
“Myth of Tomorrow” hadn’t been seen for 30 years before discovering in 2003.
Now, “Myth of Tomorrow” is one of the most seen picture in the world.

HOME