懐かしさの束 / letter NOSTALGIA

年賀状は日本の元旦に欠かせないものでした。 しかしここ数年、特に若い人の間では、メールで新年の挨拶を済まし、年賀状を送らないというケースが増えています。
それでも、元旦のテーブルの上に年賀状が重なっている光景には、替えがたい価値があります。
今提案では、一枚の年賀状で何枚も重なって見えるようなデザインとしました。
こたつの上にゴムで縛った年賀状の束、その上にミカン、コーヒーをこぼした跡、、、。 たった一枚であっても、誰もが共感できるノスタルジーを届けることができればと考えました。
※この案は美術手帖2014年の年賀状コンテストで佳作を頂きました。http://urx.nu/cxrC

letter NOSTALGIA
In Japan, people send postcards as a greeting for the New Year.
This postcard is called ‘nengajo’ and it was one of the essential of the seasons.
But in recent years, people —- especially young —- who send nengajo have decreased.  It is convenient to send an email instead of nengajo.  But at the same time, we feel that something is missing.  
I propose new one which can make it up.  This nengajo itself looks overlapped nengajo.  And the print of a mandarin orange is on it.  People can feel nostalgic with receiving only one sheet of nengajo.

HOME