イケア抄 / Portrait of IKEA

家具は一度その配置が決まると動かすことは少なくなる。
こうなった家具は、もはや建築と呼んでもいいかもしれない。
家具のアイデンティティを考えるために、家具を動かし続けるだけの一日を過ごしてみた。
タイトルの「イケア抄」は、我が家の家具がイケア製品であふれていたことから。

Once you decide the placement of the furniture, you won't move it. These furniture may be called architecture.
In order to think about the identity of furniture, I spent the day just keeping my furniture moving. 
The title "Portrait of IKEA" is because the most of my furniture was IKEA products.

 

HOME