イベント出演情報

【1】TOMO都市美術館 presents「 “出会えない” 時代のアートスペース:インディペンデントから考える」

[ 出演 ]  
梅津庸一(美術家/パープルーム主宰)
津田大介(ジャーナリスト/あいちトリエンナーレ2019芸術監督)
トモトシ(アーティスト/TOMO都市美術館館長)
和多利浩一(ワタリウム美術館代表) 

[ 司会 ] 
中島りか(アーティスト/TOMO都市美術館理事長)
西田編集長(TAV GALLERY Manager/TOMO都市美術館インターン)

・ 日時 : 2021年2月7日(日)/開場 15:00 開演(配信開始)15:30 終演 17:30
・ 会場 : 高円寺パンディット(東京都杉並区高円寺北3-8-12 フデノビル2F)[JR中央線高円寺駅 徒歩5分]

・ 料金:前売り・当日共に ¥1,000(+1ドリンク¥500)[※ソーシャルディスタンシングを意識し、18人限定で会場観覧者受け付けます]
 <ご予約はこちら>

・ 配信:¥1,000(ツイキャスプレミア配信にて販売)
 <ご予約はこちら>
※ リアルタイムに観覧出来ない方は、配信後14日間(2月21日 13:30 まで)アーカイブが残っていますので、視聴可能です
※ 生ライブ中はサービス仕様上、配信の遅延や巻き戻りなどが発生する場合があります。アーカイブは遅延なくご覧いただけますので、予めご了承ください

[ 企画 ] 
TOMO都市美術館
※ コロナ禍の2020年4月、東京・西荻窪に開館した「TOMO都市美術館」。現在、新拠点での再始動(2021年4月、新館オープン予定)のために改装費を募りたく、クラウドファンディングを立ち上げています。さまざまな実践者を巻き込みつづけることで、100年先の芸術の物語をつくる本プロジェクトを、どうぞご注目ください。
 <ご支援・詳細はこちら>




【2】~元ロフトプラスワンスタッフの「あの人は今!?」vol.1~ TOMO都市美術館館長トモトシに聞く!「TOMO都市美術館と都市空間のこれから」

【ゲスト】トモトシ(アーティスト、TOMO都市美術館館長)、ほか連絡が取れた元プラスワンスタッフ
【聞き手】イチギ(ロフトプラスワンスタッフ)、マツマル(LOFT9 Shibuyaスタッフ・元プラスワンスタッフ)

ロフトプラスワンの上を通過していった多くの者たちはその後、どのような道を歩むのだろうか? IT社長、小学校教諭、漫画家、うなぎ屋の仕込み、そして多くの者は音信不通に…… そんな些末な疑問から誕生した緊急穴埋め企画の初回ゲストは「あいちトリエンナーレ2019」に作品を出展するなど、近年在籍していたスタッフの中でも異色の存在であるアーティストのトモトシ氏。 2020年4月に氏が西荻窪に開館した「TOMO都市美術館」は半年足らずで強制退去、移転。 現在は新館のオープンに向けてクラウドファンディングを実施中でもあるトモトシ氏の映像作品・写真などからその活動を振り返りつつ、コロナによって激変した都市空間の今後についてご自身の展望を伺います!
※当イベントはコロナ禍により空いてしまった日程の緊急穴埋め企画です。皆様のお茶爆・ご質問を心よりお待ちしております
※収益の半分はTOMO都市美術館クラウドファンディングに寄付されます

START 20:00 (21:00終了予定)
視聴チケット¥300
※購入受付期間:2/23(火)21:00まで
※アーカイブ:2/23(火)23:59まで視聴可能
※配信サービスの仕様上、放送の遅延などが発生する場合がございます。アーカイブは遅延なくご覧いただけますので予めご了承ください。
※配信内容を録画するなどして再配信する行為は禁止させて頂いております。
※出演者の諸事情により、やむをえず遅刻、欠席、リモートでの参加になる場合がございます。ご了承ください。
※お客様のインターネット環境、視聴環境に起因する再生不良があった場合、払い戻しは致しかねますことを予めご了承ください。
・必要スペック ツイキャス

HOME

tomotosi

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です